自己一致という概念が自分を救った

tyler-mullins-78917

「自己一致」という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉は世界的に有名な心理学者、カールロジャースがカウンセラーに必要な資質のひとつに挙げたものです。

私も数年前に初めて知ったのですが、この言葉がそれまで感じていた日々感じていた息苦しさのようなものが取れたように感じます。

今回はそんな心を軽くする自己一致について徒然と。


スポンサーリンク

自己一致とは?

自己一致とは、、ネットの心理学用語集では以下のように書かれています。

自己一致とは、自己概念(そうであるべき自分)と自己経験(あるが
ままの自分)が一致している状態のこと。

ロジャースの来談者中心療法において目標とされる健全なパーソナリティの状態で、後にジェニュインネス(純粋性)と呼ばれるようになった。

逆に自己概念と自己経験の不一致がクライエントに不適応をもたらすことになるのである。心理療法の場では、セラピストの自己一致が、クライエントの不一致から自己一致状態へ変化、治療効果をもたらす為の必要条件とされている。

 

自己概念(そうであるべき自分)と自己経験(あるがままの自分)が一致している状態。

これだと少し分かりづらいかと思いますが、私の認識だと

「心や身体が感じていることと自分自身が思っていること(認識してること)が一致している状態」

それが自己一致だと思ってます。

カールロジャースの考えや自己一致についての詳しい記事はこちらからカールロジャースのエンカウンターグループを体験した話

自己不一致状態とは?私の経験

pvhrkejhtf8-mike-wilson

自己一致があるならその逆の自己不一致の状態もあります。

私自身、今となってああ、だから苦しかったのかと思う自己不一致の時期がありました。

それが学生から社会人になって数年経った頃だと思います。当時していた仕事は飲食業でとてもサービスに厳しい会社でした。

長時間労働に少ない休日。人手不足から一人でお店をまかされることもありプレッシャーも多くありました。

元々私は苦手なものを克服したいと思って選んだ接客でした。苦手を克服した先に成長があると、そう思ってました。

しかし本心では「ツラい」と思っていても仕事場にはアルバイトの子が多く唯一いた上司は仕事がとても忙しくて相談などは出来ませんでした。

そんな中で「こんな考えじゃダメだ」「こんなことを思ってる自分は未熟だ」「もっと大人になりたい、認められる人間になりたい」

そう思うようになった私は、仕事に対する意識の本を読み漁ったり、笑顔でいることを自分に課したり、仕事の出来る上司が「数字は嘘をつかない」と言えばそうなんだと思い売上を見てはその数字を自分の評価だと思いました。

社会人として立派に生きたいと思っていたけれどそうして出来たのは、自分が心の奥で本当に感じていることを押し込めて出来た偽りの自分でした。

こう考えることが良いことだ、社会人ならこうすべきだと、ずっと言い聞かせていると自分の中の本当の気持ちが分からなくなってきます。

自分がいま何を感じてるか、本当はなにをしたいのか。

私が思うに人間はひとつの感情を押し殺そうとしてもそんなに器用に出来ていなく、他の感情も感じにくくなってしまうということです。

次第に私は笑えなくなり、自分の感情がわからない中で理由もわからない焦りや不安に日々追われるようになりました。

自分が本当に感じてることに気付く

自己不一致状態は身体や心にも不適合をもたらします。

本当の自分を押し込めてるわけですから、本当の意味で人と心を通わすことができません。自分を責め、押し込むことで自分自身と心が分離し不安、焦りを生みます。

私は鬱などの心の病気はここからくるのだと思っています

当時の私は心の奥で感じてることと、自分が思ってることが分離した状態でした。でも、それに自分自身が気づいてない。

そんな中で出会った一冊の本が私を変えることになりました。

私を変えた一冊の本
自己一致とはその後に知った言葉なのですが、この本が私のなかで本当の声を自覚をもって一致させるきっかけになったのです。

自己一致とは本当の自分になること

s00f6-w_oq8-joshua-earle

そこから私は自分自身がわからないながらも少しずつ自分の本当の気持ちというものに向き合うようになり当時の仕事も辞めました。

感じるのは自分自身が感じてることに素直に生きることの清々しさです。

本当はもっと自分の時間だと思えることで人生を生きたい

自分の居場所だと思えるところで、人と繋がりたい

本当はもっと人を信じたい

本当の自分には弱さや、常識的には受け入れられないこともあります。それを表現することは勇気がいるけれど、そうやって自分自身の思ったことを大切にすることは他人に左右されない自分の軸となっていき、受け止められたときの喜びもはかりしれません。

 

あなたはいま、自分の本心と、考えてることや行動は一致していますか?

 

本当の気持ちを大切にしていますか?

 

もし、答えに詰まるなら自分と向き合う時間を少しでいいので取ってほしい、そう思います。

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です