映画館のアルバイトで楽しかったことキツかったこと【経験談】

kk162174323_tp_v

映画好きな人なら一回はやってみたいと思う映画館でアルバイト。かくいう私も映画館で働いてみたい!と思って昔アルバイトしてたことあります。

一年半くらい働いてたかな?

映画館によって待遇とか環境は違うと思うけれど、私が働いてた映画館はってことで働く上でのメリットやデメリット、映画観放題なの?みたいな疑問や業務の内容を書いていこうと思います!

私も働く前はアルバイトの評判とか口コミみましたもん。私にも出来るのかなって。そんな人に少しでもどんなものか知ってもらえたら。

映画館ってどんな仕事をするの?

私が働いてた映画館は都内、東京近郊で関東圏内でした。ショッピングモール内にある、いわゆるシネコン。シアター数もいくつもある感じ。

働いてたのは学生時代だったので数年前だけど今も働いてる知人に聞くとそんなシステムは変わってない印象。

そんな当時を振り返ってどんな業務があるか書いていきます!

映画館でアルバイトする前は面接でどの業務を希望しますか?とか聞かれるのでどんなものがあるか知っておいた方がベターです。

1,フロア業務

フロア担当は主にシアター案内、グッズ売り場管理を担当します。私はこの業務をやりました。

  • チケット売り場のもぎり係・お客様対応
  • グッズ売り場の販売、在庫・レジ管理
  • シアター内清掃
  • マイクアナウンス
  • 作品のバナー等の作成、管理

2,チケット売り場

チケット売り場は文字通り、チケットの発券担当。

当時は売り場だったけど、最近映画館いったら割引券使わない人とかは自分で取れる自動発券機を導入してたりして時期になくなるのではという予感もある。

  • チケットに関しての対応・発券・レジ管理
  • 各種割引券・メンバーズカード対応
  • 入会受付等

3,コンセッション(フード)業務

コンセッションは飲食系の売店。ポップコーンとかドリンク売り場の担当です。飲食系なので衛生管理も必要ですね。

  • 飲食物の販売
  • 落としたときなどの商品交換
  • 衛生管理

4,映写業務

これも働き始めた当時はあったんですが、徐々になくなってきたという噂を聞きつつあります。自動で上映される設備ができはじめたんですね。

  • フィルム、上映管理
  • 映写トラブル対応(映写機にホコリなどが入るとスクリーンに映っちゃったりするのでフロアから映写に連絡をとり対応してもらいます)

今ではチケットや映写が徐々に人手を必要とされなくなってきたのでこういった業務振り分けをしない映画館もでてきましたね。全部こなせるようにみたいな。でもまだあるところも多い印象。

映画館で楽しかったこと

映画館で働いてて楽しかったところをあげていきます。

人が多いので気の合う仲間ができる!

とにかく人が多かった。シネコンだからということもあるのだけど、全体で100人近くいたんじゃないかな。

やっぱり同じ業務(セクション)の人が仲良くなったりするけれど、たまに違うセクションの交流に参加したり。

人数のあんまりいない仕事場だと、気の合う人がいないと辛かったりするけど映画館は必ず気の合う人って出てくると思います。

なによりみんな映画とか演劇好きな人が多くてそういう話題で盛り上がれる。

業務が楽

これは平日の業務である程度慣れてきた人に言えることなんですが、暇な日だとホント暇でした。

なにしよーって仕事さがしてる。

ひっそり映画を盗み見てる輩もいた(やっちゃダメだよ!)

常に動いてたいとか、暇疲れしちゃう人もいるけど私は暇なときみんなで掃除したりゴミ受け待ちしながら楽しく話したりするのが凄く楽しかったです。清掃中も広いシアター内で軽くふざけて笑いあったり。

いろんな場面で対応できるように全セクションにトランシーバーが各自持たされてるんですが社員さんもお客さんも全員帰った後にこのトランシーバーで通信ごっこしたりね。

よく考えたらいろいろやっちゃいけないことしてたね、ダメだけど暇なときにしてたこれが楽しくて印象残ってる笑

対応する力が身につく

楽しかったこととは違うかもしれないけど、いろんなことに対応する力が身についた感じはする。

映画館に来る人って老若男女様々な人がくる。

外国人の人がきて案内について英語で聞かれたり、障がい車施設の人が団体で来たり、映写トラブルでの対応とかもそうだけどそのときそのときでどう対処するかって場面がでてくる。

わからないところはトランシーバーで社員さんに指示を仰げばいいんだけどやっぱり自分の役割っていうものがでてくる。お客さんも時間がなかったりすることもあるからどれだけスピーディに分かりやすく説明できるかってところが問われる。

これも慣れの部分が多くて、ある程度やってると想定する出来事の対応も覚えてくるんだけどね。

敬語の使い方とかお客さんとの接し方とか身につくように思える。

映画館でキツかったこと

自分が思うキツかったこと。楽しいことばかりじゃないよね。

繁忙期はハンパない

これに尽きます。

平日より土日、祝日はやっぱり混みます。あとは1日のファーストディにやる全作品1000円の日もちょっと混む。

そして夏休みとお正月の三が日は恐怖です。

映画もその時期を狙って大作を公開してきますからね。大ヒット映画とかあるとヤバいです。

どこのセクションも大変だったと思いますが私のフロア業務だと清掃が大変でした。人気作品だとお客さんが退場してから次の上映の入場までが10分くらいしかありません。その間に400人はいるシアターの清掃とか忘れ物チェックをしますから大慌て。

子供向けの上映作品の上映後のシアター内を見て

「ポップコーンパーティーか!!」

と叫ぶこともしばしば。やばい散らかりよう。

やっぱりお客さんが多くて、忙しいとそれに比例してトラブルも多くなるので繁忙期はやっぱり大変でした。

覚えることが多い

これは入ったばかりの人がすぐに辞めるか続けるかの決め手になると思うのですが覚えることが多いです。

やっぱりどのセクションの人も映画館にスタッフとして居る以上、システムの知識はつけないといけません。

その知識がもういっぱいあるんですよね。毎週作品のスケジュールも変わるので公開予定とか公開期間とかもそうですがネットでの購入とか前売り券、チケット販売で同じ作品でも買えるようになる日付が違ったり。

あとはメンバーズカードのシステムとか割引券の種類と使える作品についての知識もややこしい。

それに加えてシネコンだったので駐車券のシステムやら映画館は遅い時間までやってるので退館時の対応とか。

だから本当に慣れるまでがツラいと思う。

私は幸いにも映画館のオープニングで入ったのでみんなが同じスタートだったから聞き合いながら頑張れたけど、そうでない人だと2、3日目でパンパンになっちゃって辞めちゃう人が多かったなぁ。

慣れるときっと楽しくなるからそれまでの辛抱。2~3ヶ月間は修行期間として頑張ってほしい。

クレーマーはいる

良かった点での対応力がつくのは良いけど、やっぱりなんだコイツ!っていうクレーマーはいる。

私は飲食店とかでも仕事してたしどの仕事でもサービス業なら必ずあるんだけど、映画館でも例外にあらず。

座席を案内したチケットに来る度にクレームつけるお客さんとか案内について毎回文句言ってくるお客さんとか。クレームの常連さんというのが存在するのです。

もちろん自分の失態というときもあるけれどそういうときは本当にヘコみます。

私の場合は繁忙期で対応に追われて満席のシアターの扉開けが遅れてしまったときに退場するお客さんの間をかき分けながら扉を開けようとしたんですね。そのとき、肩が当たったってことで責任者呼べ!ってめっちゃ怒っちゃった強面のお客さんがいてトラウマレベルでした。泣きました。

帰ったあとに社員さんが「当たったの?」って聞いてきて、私が「焦っていたので当たってしまったんだと思います」って言ったら「意図的にしたわけじゃないし、私はそんなことはなかったと思うよ」ってハンカチをくれて更に泣きました。神。

恐いお客さんはいる。マジで。

でも、度重なるクレーマーがいたときは支配人が駆けつけて「当館にはあなたのようなお客様は来て頂かなくて結構です」ときっぱり言ってくれたりしたこともありました。支配人かっこいい!

少ないほうだとは思うけど一年務めたら一回くらいはクレーマーさんに当たってしまうんじゃないかなというのが印象です。

映画館の待遇

さて、良い点と悪い点あげた後は気になる待遇。

映画好きが映画館で働くなら期待するのは「映画観放題なの??」というところだと思います。結果だけ言うと

映画観放題です。

ただし条件付き。

私の働いていた映画館ではシフトで自分からこの日は休みますと休み希望を出した日は観ちゃいけないことになってました。

でも出勤する前や後、もしくは希望休じゃなく休みになった日は観てもいいよという感じ。

しかも同伴者もタダになるという特典つき!!

だからもう観まくりましたね、働いてたとき公開してたのは大体みたかもというくらい。一日にスケジュールを計画して練って友人と5本観たときもありました。そしたら3本目で集中力がなくなる&腰が痛くなって残りの2本の記憶があまりなかったです笑。2本以上観ることはオススメしない笑

でも映画館によってこの映画観れる制度も違うようで。鑑賞券の配布とか同伴は家族しかダメなとこもありますね。でも基本的に観れないっていうところは聞いたことないです。

他に待遇ってなかったけど、普通に映画観にいくと一回学生で1500円、社会人だと1800円かかると思うとこれだけでかなり大きい。

アクションとかの大作だと家で観るのとは迫力が違いますからね。映画好きならたまらない。

 

ただ時給は800円と相場がわからないけどちょっと安く感じたかな。1年務めて10円しか時給上がらなかったです。まぁでもアルバイトならそんなものなのかも?

まとめ

なんだかんだと当時を思い出して感じるのが映画館って楽しい!ってことです。なんだかあの設備の広さとか来る人もちょっと非日常を味わいに来る感じだし、そういう雰囲気が楽しかったですね。

接客とかコミュニケーションとかがとにかく苦手!という人がはいると辛いかもしれないですが私も最初はそう思ってました。

でもこれも慣れなので本当に根っから無理みたいな人以外は徐々に慣れます。

だからもし映画館でのアルバイト迷ってる人がいたら是非やって欲しいなって思うとともに少しでも参考にしてもらえると幸いです。

 

それでは!

わん吉でしたっ!

 

 

 

 

 

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です