野良猫にエサをあげちゃいけないって誰が決めたの?

ngwsm3rwbb_zyu31481967339_1481967927

私の住んでる地域は関東近郊の住宅街なんですが最近ときどき痩せ細ったガリガリの猫を見かけます。

この前もガリガリの猫を見かけ、しかもその猫は足が炎症していてただれたようになっていました。

そんな猫を見ると私は近くでエサを買い、与えます。

でもときどき舌打ちされたり、注意されたりします。そんなとき私はすごく悲しくなります。なんでダメなんだろうと。

なんで野良猫にエサをあげてはいけないの?

stocksnap_4bd7do7bnz

田舎だとエサをあげてる人は多いと友人に聞くのですが、都会ではそうもいかないらしい。

理由はやっぱり「迷惑がかかるから」これが大半。

  • ノミがつくから
  • ゴミを荒らしたり、エサを散らかすから
  • 糞するから
  • 子供が増える・居ついてしまう

すごく、わかります。猫のノミは強烈だし、やはり生きている動物だとやってはいけないことだってわからずやってしまいます。

糞の被害が原因で訴訟になったり、無責任に数を増やした猫屋敷の住人の問題もニュースで見ました。

そういった一部の極端な例が広まり

野良猫にエサをあげること=迷惑がかかること

という雰囲気が広まっていったように感じます。

 

でも、この整備された都会でエサをあげないということはイコール「餓死」を意味します。

迷惑がかかるんだから、これ以上増やさないためにもエサをあげないことが最善。

ということがよく言われることですが、これが本当に最善なのでしょうか?

 

猫だって私たちと同じ命を持った生き物です。共生の道だってあるはずなのにここですぐに

迷惑>命

この図式がとられてしまうことに、私は憤りと共に悲しさを感じてしまうのです。

 

共生の道を考える

xuliyvibyic-jonas-vincent

もちろん、無責任にするのではなく、先を見据えて野良猫と人間の共生の道を考えたい。

私が野良猫問題で一番に重要だと考えるのは「増やさない」ということです。

猫の妊娠期間は2ヶ月で、発情期も年に2~3回。一度に平均4~5匹を生みます。野良猫は平均寿命2年と厳しい生存率ですがそれを踏まえても一匹のメス猫が生涯で生む子猫の数はやはり多いといえます。

生まれた子猫がまた繁殖することを考えると野良猫問題ではまず不妊去勢手術をし、増やさないことが大切。病院によっては野良猫なら安価に手術してくれる病院も多くあるそうです。

そういった病院を利用しつつ、これ以上野良猫を増やさない努力をしていく。その中でも生まれたからには同じ命として生きる方法、手段を模索したい。

地域猫活動という取り組み

そういった野良猫問題を調べていく中で、「地域猫」という取り組みを見つけました。

野良猫との共生と、迷惑問題を考えた素晴らしい取り組みだなと感じました。

https://matome.naver.jp/odai/2140020179873433301

横浜からはじまり、さいたま市、あの野良猫の多い江の島などでも取り組まれているようです。とても参考になります。

野良猫問題は地域での理解や話し合いが必要不可欠

stocksnap_fvp6gk8qji

問題がある以上、解決するためにはどちらかの独断で動くことはより反発を招きます。

実際迷惑がかかっている以上、どうやったらそれらの被害がなくなるかのお互いが理解できる話し合いが必要です。

野良猫により迷惑は糞であったり、猫アレルギーが問題だったりその問題の内容は人それぞれのため、個々人に沿った解決をしていくことが重要。

ノミならば今は猫の背中にポツッと落とすだけでノミが駆除される薬があります。

糞の臭いはエサで消臭効果のあるものもあるし、地域で猫砂など猫用のトイレを決まった場所に設置し覚えさせれば猫は必ずそこでしてくれるようになります。

 

野良猫に対する見方が変わってほしい

gv2t5q_lnwa-kitsanoo

私がいま思うことは野良猫に対する見方が変わってほしいということ。もっと地域猫のような、人目を気にすることなく地域で猫を育てる意識が広がってほしいと思ってます。

問題が話し合いによって解決すれば野良猫の存在ってメリットしかないと思うんです。

私が小さい頃、近所の商店街には野良猫がいました。

今ほど野良猫に対しての見方も厳しくなかったのか、郵便局の前の待合椅子に居すわっていた一匹の猫。何年もいるところを見ると郵便局の人も知っていながら許容していたんだと思います。

その猫の前を登下校する小学生が立ち止まって撫でながら通り過ぎます。

親子でエサをあげて可愛いね、と言って通り過ぎます。

いつも寝てばっかりの猫でしたが、外で気持ち良さそうに眠るその可愛い姿にみんなが癒されてました。

 

その光景は大人になった今でも幸せな思い出の一部として思い出します。

 

もっと議論されてほしい

 

現在の野良猫に対する見方の大半は話し合いが足りないことからきてると思います。

野良猫問題に関わらず、いまの日本は迷惑がかかることに対しての目が厳しい。

でも、その迷惑は話し合いによる理解で解決できるんです。

でもその話し合いの場がないから、自分一人の力じゃどうしようもないから、という理由で見てみぬフリがされている。

そりゃあ、迷惑がかかることはしないに越したことはないです。

野良猫にエサをあげない人の中には、交通事故で死んでしまう姿をみたくないからという猫に対する愛情からの人もいます。

でも、その問題の解決はひとつしかないのでしょうか?

生きていくなかで誰ひとりにも迷惑をかけずに生きていくなんて人間でも無理です。どうしても出てくる問題というのは必ずあります。

だから正解というものは本来はなくて、あるのは沢山の話し合いの中から導き出した「最善」です。

 

私はもっとこの議論が活発にされてほしい。

いろんな考えがあっていい。ふたつにひとつでなく一人一人の考えとしてもっと話し合いたい。

私の考えと同じような人がいてくれたら嬉しいけれど、違う考えの人がいても、その理由を聞きたいし一緒に考えたいと思っています。

私もこの記事を書くと、反発があるんじゃないかとやっぱり少し恐いです。

でも対立するのではなく、目指すところは理解です。

 

「私はこう感じてる」

と伝えることだけでも変わる現実は絶対あります。

 

そう思い、今回の記事を書きました。

どんな感情でも、少しでもなにか思うことがあったなら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

「野良猫にエサをあげちゃいけないって誰が決めたの?」への2件のフィードバック

  1. じゃあ貴方は餌をあげた猫達を避妊去勢してあげたり、もし子供が産まれたら里親を探したりしますか?餌をあげた場所や食べた事で出る糞を掃除をしますか?
    猫がかわいそうと思う気持ちはわかります。だけど、そこには責任が発生し、または貴方の知らないところで掃除や自己負担をして去勢をしている人がいるのです。
    餌をあげたいのであれば、まず近所の方に断りや話し合いをして理解を求めるのです。今日私はやっと他人の土地に餌付けをしてる人を見つけました。避妊去勢や掃除、子供が産まれたら里親を探してくれるのか?と聞きましたが謝るどころか逆ギレでした。私が悪いのでしょうか?私にも限界があります。保健所に連れて行かれる子猫をこれ以上増やしたくないのです。

    1. コメントありがとうございます。うまく話し合い出来なかったようでそれでは辛いですね。私はエサをあげないことで野良猫が餓死することがなく、いま生きている猫は十分に生活できて去勢避妊しこれ以上増やさないようにすること。エサや糞の始末はしっかりし、地域の人全員でその地域の猫と共生できるように協力する地域猫の取り組みがもっと広まることを望んでいます。うまく記事で伝わらなかったのならすみません。現在は自分の住んでいる近くの野良猫の里親を探したり自分自身も引き取る予定です。避妊や去勢や傷ついた猫を引き取ってくれる施設と話し合いをしたりしていますが、地域全体で取り組まないことには一人では限界があります。
      あなた様のように声をかけ、保健所に連れていかれる子猫を減らすためにはなにが出来るかという話し合いができる場を増やせればと思っています。ほぼ人間の管理下にある社会の中で誰の物でもない野良猫の命をどう扱うか、もっと話し合えればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です