「ママとパパどっちが好き?」という質問を子供時代にされて困った記憶

drew-hays-28855

ふと思い出した昔の記憶なんですが、幼い頃よく「お父さんとお母さんどっちが好き?」って質問をされたなぁと。そして思いっきり困ってたなぁと。

たぶん何気なーく聞いちゃうんだろうけれど、子どもにとって母親は母親で父親は父親だから比較なんで出来ないんですよね。答えられない。


スポンサーリンク

ってそれだけなんですけど、それだけだと結論早すぎるのでもちょっと掘り下げます。

なぜ「どっちが好き?」と聞くの?

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

これは多分なんとな~くで、聞いちゃう親が大半なんだろうけど子供の気持ちが知りたいというのも大きいのかなと。

私は父にしか聞かれたことはないのですが幼い頃は仕事であまり子供と接することがなかったことから気になったのかもしれない。子煩悩な父だったので本当はもっと遊んだり構ったりしたかったのかもなぁと。

あとこれはネットであってこんな意図があるのか!と思ったのが「答えを想定して相手を立てるため」というもの。

周囲の人が大体の子が母親というのを前提に母親の前で聞いたり、お母さんが子供に父親に好意を抱くよう普段から父親を褒めたりする。

そして子どもに普段仕事でかまえない父親の前で「お父さんが好き!」て出るようにしてるとか。

 

うーん、気遣いは素敵とも思うけどでも子供がどう答えるかわからないし、子供にはその意図は伝わらないからやっぱり順位をつける抵抗というのがあるしどうかなぁと。

ぜんぜん関係ないけど親戚のおばちゃんが「私の名前なーんだ」って聞いてくるのも前回答えたのにまた聞かれると答えが違うのかと思って悩んでたな。笑

子どもはまっすぐ受け取るものです。

実際聞かれたとき思ったこと

この質問は本当に困ったので幼い頃なのにけっこう聞かれたときの気持ち覚えてます。

父親と2人のとき聞かれたりしてたんですが、困ってしまい「んー…」なんて言いながら目をそらせてたり。

「どっちも好き!」なんて気のきいたこと言えたら良かったのですが幼い私はそんな考え浮かぶはずもなく、どちらかを選択することへの罪悪感を感じてました。

今でならですよ?

「2人を比べることは出来ないけれど、こういう質問をするお父さんには思うところがあるので今この瞬間においてはお母さんかな!」

ぐらいにはドヤ顔で言えますが当時は幼かったので頭を悩ませ必死に考えてました。

正直に言うとパッと浮かんだのはやはりいつも一緒にいるお母さんだったんですけど、父の前でそれを言ったら傷つくだろうなと思いました。

でもだからと言ってお父さん!と答えるとその場にいなくてもお母さんが傷つくように思ったし、お父さんのことが好きなのも本当だけど嘘を言ったような気持ちにもなる。そしてそんな気持ちのままお父さんが喜んでくれたとしてもなんだか後ろめたい。

幼い自分がそこまで考えていたかはどうかとして、自覚は出来なかったもののそんな感情が渦巻いて「選べない」「選びたくない」と思っていたのは確かです。

最終的に小さな声で「お母さん…」と言ったら父は

「うわー、お母さんかー!かなしいなー!」

と明るい感じで言っていたと思うんですが、それを聞いて「お父さんを悲しませた」みたいな罪悪感を覚えたんですよね。

なんというんでしょうか、お父さんのことも好きなのに、この質問ではそれが伝えられないんですよ。だから自分の気持ちが理解されなかったような気持ちになるんです。

心理学では言ってはいけない質問?

真偽はわからないのですが、心理学では「パパとママ、どっちが好き?」は「生まなきゃよかった」に次ぐ聞いてはいけない質問なんだとか。

子供によっては気にしないで答える子もいるかもしれないし、そこまで神経質になることはないかもしれませんが、自分は質問されるたびに困ってたので自分の子供ができてもしたくないなぁと思う次第でありました。

どっちが好き?と質問してしまったり、子供の返答で傷ついちゃう親というのも子供に必要とされたい気持ちだったりの日常で我慢や愛情不足がもしかしたらあるのかもしれないですね。

 

親も子も二人三脚つ

 

以上です!

 

↓記事とは関係ないですが、最近読んで子育てのときに役にたちそうと思った本。
子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です