不登校の子供に寄り添う親の対応とはなにかを考える

fancycrave-391084-unsplash

私の兄と姉は不登校でした。たぶんきっかけは些細なことであったと思うけれど一回行かなくなると行きづらくなるのが学校というもの。

なにが原因だとかどう解消するかということに囚われることは多いけれど、それは不登校の本人を追い詰めることにもなるよなぁというのが近くで見てた私の意見です。

当人ではないし、個人に合った接し方というものがある前提で私なりに近くで見て感じたことを書き綴ります。

不登校を問題視しない

スポンサーリンク


不登校を問題にするときそこには当人や親の「不安」があります。学校に行かないなんて「普通」から外れてしまう。

その「普通」とはなんなのかを一度きっちり向かい合うことが大切だと思います。

  • 「普通」から外れてしまっては将来苦労する。
  • 「普通」から外れてしまっては周囲になんて言ったらいいか分からない。
  • 「普通」に学校に行かせることが親の役目

でも、学校へは親が子供を学校に行かせないことが義務教育違反であって子供が自主的に行かないのであればそれは問題ないのです。罪でもなければ責めることでもない。

学校に行かせなければいけない、と思うとき「なぜ、学校に行かないことが問題なのか」はよく考えなければいけないことでないかと思います。

私自身も学校で不登校の友達がいましたが、私自身も周囲の友人も問題視してる人はいませんでした。

問題視してるのはいつも「大人」で、先生の指示で学校に行かない友人の家に毎朝行って登校を促すことをさせられていたのですが正直やりたくないことでした。これは今思ってもその子にとってプレッシャーを与えることだったし私はたまに来たその子と遊ぶことが大好きでした。

学校で学ぶことは重要だと思いがちですが、実際大人になって学校で学んだことを使う機会なんてほぼありません。

「学歴」として絶対不可欠だと考える人もいるかもしれませんが、学歴がないと入れないという考えも今や古い考え方で、雇う側の視点から見てもどれだけの熱意があるかやその人の人柄が重視されることがほとんどであると思います。

ならば学校に行かないその時間を問題視することや、どうやって学校に行かせるか考えることに費やすのではなくその子にどんな可能性があってどんな風に楽しくその道を見つけるかという風に考えてもいいのではないでしょうか。

わたしの母は学校に行かない姉や兄を問題視し過ぎてしまい腫れ物に扱うかのような態度でした。

学校に行かせることが目的になると「それが出来ないこと」である当人にとってはプレッシャーになり辛いものです。

それ以外にこんな道があるよと沢山提示できたり、行っても行かなくてもいいくらいの軽さで子供と接することが出来れば子供は安心するのだと思います。

実際に不登校だった兄と姉は父親がよく話を聞いてなになら出来る、もしくはやりたいかという本人の意志や、こんな道もあると提示することで動きだしました。

道は一本しかないと思うとそれが辛いものであると絶望的に感じます。

しかし多少遠回りすることになってもいろんな道から世界を感じることや経験することが出来ると思うととても気持ちが楽になると思うのです。

それは親の不安か子の不安か

不登校の問題の中で親がどうにかしようどうにかしようと頑張りすぎる子供への対応が問題になることは多々あります。

さきほどの話では手段をたくさん用意して子供に提示するというのはとても良い方法ではあります。でもそれは「子供が望んでいたら」です。

「こうすればいいんじゃないか」

「こう考えればいいんじゃないか」

と子どもに言う前に一度見つめて欲しいのは

それは親の不安をとるためにやっていることじゃないか

それは親本人がやってほしいことであって子供がやりたいことではないんじゃないか

ということです。

どんなことでもいいからやってもらえると安心する。このままだと子供の将来が不安だと親の不安をどうにかしたくて子供を無理に動かそうとする。

子供の気持ちに寄り添わない意見や手段の提示は暴力でしかありません。学校に行けないことを一番辛く思ってるのは当人です。

その気持ちにまず寄り添って今必要なことはなんなのかを一緒に見つけていく作業というのは大切なサポートだと思います。

私の父は兄や姉とたくさん話し、それぞれのタイミングや希望に沿った案を一緒に歩むようにやりました。

なので兄は同じような境遇や事情がある人が多い高校なら行けるということで定時制の高校へ。

姉は英語が好きだったので海外留学をしたり、自営の父の仕事を手伝いながら持前えのコミュニケーション能力を高めました。

壁を破って話すということ

aaron-burden-236415-unsplash

兄は不登校になった当初から部屋に閉じこもるようになりました。誰とも話さないし部屋もつっかえ棒をして誰も入れないようにしました。

母はそれを見てどうにかしたいと思っていたようですがそっとするばかりで無理に話すことはしませんでした。

でも父は、声を掛けても無視する兄に対しドアを外して話しにいきました。怒る兄の声が聞こえましたが、そこからずっと父と話し、最後の方は落ち着いて話す兄の声が聞こえてきました。

学校へ行きたくないと感じるときは誰にだってある気持ちだと思います。私自身もありました。

ずる休みを一日しただけで罪悪感がすごくあります。

学校に行けないというのはその罪悪感や自分の無力感、責められるのではないかという不安から自分を守るため殻に閉じこもろうとします。

誰とも接さないのであれば傷つくこともなく安心できる。でも、それがきっかけもないと何年も続くことになり本人自身も動きたいと思ってもどう動いたらいいかわからない生活が続くことになります。

一人でどうにかするということは実質難しく誰とも話さない生活が続くと自分からSOSを出すこともしづらくなります。

一人で自分に向き合う時間というのも大事ではありますが、孤独を感じる時間が多くなると人に対しての不信感や怖いという感情ばかり増してしまいます。

なのでどこかで壁を壊すこと、寄り添うために境界線を壊すことは必要になってくると思います。

兄は父がドアを外して自分の領域に入ってくることに抵抗し、激しく怒ってました。

けれど大人になって兄は父に対して自分が辛かったとき、向き合おうとして寄り添ってくれた人として感謝と尊敬をしています。

学校に行けず家にいる時間を当人が自由に使っているのならいいのですが、殻に閉じこもって苦しんでいるのならその殻は「誰かに理解してほしいSOS」である可能性もあるのだと思うのです。

子供に対する気持ちは伝わっている

StockSnap_BC5XIXIIPP

学校に行けない子供に対して「あの子はコミュニケーションが昔から苦手だから」とか「なにかの障害かもしれない」「これから引きこもって大変なことになったらどうしよう…」と悲観ばかりしてはないでしょうか?

そういう子供の将来に対する不安や、出来ないこと、障害にばかり目を向けていることは子供自身にも伝わります。

私の母は子供をよくそう見てしまいがちで何気なく言った言葉に傷つくことが多かったです。

「理解力が足りない気がして、、あの子は実は発達障害じゃないかしら」

「私の育て方が間違ってたのかもしれないね」

「あの子はコミュニケーション能力がないから…」

心配や自分の非を認めてるようでその言葉から「否定されている」気持ちを感じることは多く親の口からそれを聞くことは本当に辛いものがありました。

私に知人で親から言われて救われた言葉や頑張ろうと思えたこととして「親が自分のことを信じてくれてる感覚」を挙げる人が多かったです。

知人の話ですが、鬱で寝たきりになって親の世話になっているときやるべきことなにも出来なく申し訳なく思ってるときに

「あんたは大丈夫だよ」

と母親に言われたとき。自分を信じて肯定してくれるその存在が本当に嬉しかったと。

その感覚は痛いほど分かります。

今はダメでも、自分にはそれを乗り越える力があると信じてくれている。今の自分も含めて、その可能性を信じてくれる身近な存在というのはとても勇気づけられます。

出来ない存在だと思うとあれやこれやと当人の意志を無視して手を回そうとしたり、ちょっとしたことで折れてしまうんじゃないかと過保護になって守ろうとしてしまいがちです。

自分が落ち込んでるときを想像してもらうと分かりやすいですが、なにを言われても嫌でほっておいてほしいときとある程度自分で自分の気持ちを消化して新しいことをしたくなってくる時期というものがあると思うのです。

その二つの時期というのは寄り添ってないと分かるものではありません。

傷付いてほっておいてほしい時に動け動けと小突いてしまったり、動きたいと思ったときに誰も話せる人がいないと傷を癒す時間や道を開くチャンスを逃してしまうことになりかねません。

なので、傷ついてる塞いでるときは「信じて待つとき」。

動きたいけど恐怖を感じてるときは「信じて背中を押すとき」であると言えます。

どんなときであれ子供の選ぶ道を信じて一緒に進もうという気持ちがあればそれは安心感として子供に伝わるのだと思います。

子供の数だけ答えがある

priscilla-du-preez-149914-unsplash
そして最後に大切なのは外側の情報に惑わされて子供自身をみることを忘れてしまうことです。

不登校を問題だと思いどうするべきかを様々な情報を探してあれやこれややろうとすると当人にはそれがプレッシャーになり苦しむことになります。

同じ言葉でもそれでやる気が出る性格の子もいればその言葉が重荷になり動けなくなる子もいます。それは先程言ったタイミングであってもそうです。

なので外側の情報で「こうするべき」「こう接するべき」という言葉を鵜呑みにしすぎることは良くないと思うのです。

この記事も兄や姉を例にした私の主観でしかありません。

それぞれの感じ方はみな違って実際の気持ちというのはしっかり向き合った対話の中でしか分かりません。その子の真実というのはその子にしか分からないのです。

なのでよく寄り添って考えること。

そして子供は親自身の背中をみて学んでいきます。どんなときでも前向きに楽しく人生を生きてる親を見ていたら自分もそうなれると信じるものです。

親が世間は厳しいといった言葉や人生に疲れていたりしたら子供はそれを敏感に感じ取ります。子供というのは親をよく見ているものです。

なので子供の悩みを自分の悩みにしてしまうと子供にとっても親にとっても世界は重く見えてしまいがちです。

子供に寄り添いつつ、親は親の世界を楽しんでいることが子供にとって希望となるということを心にとめることが大事だと思います。

その子の人生はその子のもので手助けは出来ても舵取りまでしてしまうことはその子の意志や人生までも奪ってしまう行為になりかねません。

なにが正しいかというものは誰にも分かりません。絶対的に正しいことなどないし、逆に絶対に間違いだということも無いのだと思います。

結果もどうなるかは分かりません。みんなそのときそのとき「自分が正しいと思ったこと」しかできないのです。

人の人生は子供であってもおもい通りにもならないその当人のもので、自分は自分の人生のなかで自分の信じたことをやることしか出来ないのです。

自分とは違うその人生を失敗しても転んでも、見守り信じて傍を歩いていくこと。

親に出来ることというのはそれで十分なのだとおもいます。

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA