彼氏さんが大好きな私が思う恋愛長続きの秘訣【付き合って4年】

dani-vivanco-387836-unsplash

彼氏さんと付き合って今年で4年目。始めはラブラブでも、だんだん倦怠期とかもあったりマンネリしたりして冷めた関係とかになっちゃうのかなと、、と付き合い始めは不安になったりしました。

けれど蓋をあけてみると、4年も経っていて、しかも今の方が付き合いはじめより彼氏さんのことが大好き。

なんでかなぁと振り返ってみて思ったことを書いていきます。

長続きしなかった今までの恋愛

スポンサーリンク


今の彼氏さんと出逢うまで、私もいろんな出会いがありました。小学校の初恋から始まり、高校では内向的すぎて付き合うなんて出来ないじゃないかと思っていたことも。

しかし大学にはいり、アルバイトを始めると出会いも増え自然と話せるようになりお付き合いする男性がいました。

しかし、私は付き合いだすとちょっとしたことで拗ねやすくどの恋愛も長続きしませんでした。

ってしまうことばかりでした。

  • 思ったことを上手く言えない。
  • 拗ねると連絡とらない、不機嫌など面倒くさい
  • 知らぬ間にお互いに不満が溜まっていく

などなどで、一番長くて1年くらいで終わっていました。

「どんな人と付き合っても私の性格じゃ長続きしないんじゃないか。。」

そんなことを思っていたときに出会ったのが今の彼氏さんでした。

長続きの秘訣は彼氏さんの特徴にあった?

s-a-r-a-h-s-h-a-r-p-1104819-unsplash

年齢的に落ち着いて、今までの経験から学んだこともあり長続きするようになったのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはない。

今の彼氏さんと付き合った当初も私の拗ね癖は健在でそのことでモメたりすることは多々ありました。

そんなときの接し方が今の彼氏さんは違いました。

今の付き合いが長続きしてる秘訣は全部彼氏さんにあると思うくらい、彼氏さんの人との付き合い方には学ぶものがあります。

そんな彼氏さんの特徴をあげていきたいと思います。

ありがとう、をたくさん言ってくれる。

彼氏さんは感謝の言葉をたくさん言ってくれます。どんなに小さなことでも確認してくれたり「ありがとう」と言ってくれる。それがとても嬉しいです。

日常のことだとちょっとした気遣いも当たり前になりなにも言わなくなることが多いと思いますが、それだと不満やストレスも溜まりやすい。

彼氏さんはこれを「ありがとう~」「マジたすかる~」などよく言ってくれるのでむしろ嬉しくなってもっとやってあげたくなります。私自身もそんな彼氏さんの口癖が移って以前より「ありがとう」を言えるようになったように思います。

家族仲が良い

私の拗ねやすさは昔から家族仲が悪く話し合いなどがない家庭で育ったところも影響してるかと思います。

でも相方さんは兄弟仲も良く、身近な存在ほど大切にします。

付き合っていくというのは距離感が家族のように近くなるということ。なのでこの身近な存在である家族とのコミュニケーションというのは付き合っていく中で私自身が身近で見て学ぶことが多くありました。親しい間柄でも感謝や礼儀を忘れないというのはとても大切なことだと思います。

悪いと思ったら謝ってくれる

喧嘩をしたときに上手く仲直りできない、謝れないというのは感情の消化不良だったり別れの原因になります。

彼氏さんは自分の思ったことを言ってくれ悪いと思ったら謝ってくれたり、私が悪いようなときも「言いすぎてごめん」や「伝え方悪かったかも、ごめんね」と謝ってくれます。

自分が正しいと意固地になりがちな喧嘩ですが、ある程度伝えたいことを伝えきったならお互いに謝れるのが関係が長続きする秘訣だなと思います。

隠し事をしない、思ってることをなんでも話してくれる

相方さんは本当に隠し事をしません。なんでも話してくれます。嘘がつけない性格とも言いますが、以前付き合った人でなぜかすぐバレる嘘が多かったり、なにか聞いても適当にごまかす感じの人がいました。最終的に相手の言葉が信用できなくなって別れることになったのですが、私自身にも言えないことなどはあり、隠し事があるというのはお互いに辛くなる関係だなというのを当時思いました。

いつも思ったことを正直に、嘘なく話してくれるというのは誠実さというか、お互いの信頼関係に繋がるのだなと思います。そんな相方さんを見て私自身も言いにくいことを話せるようになりお互いの距離がより縮まったように思います。

要求をしない

基本「これやって欲しい」や「ここ直して」などの要求をしてきません。付き合ってく中で大体よくあるのが相手に女だからと男だからなどの役割や「普通こうでしょ」など一般論の押し付けなどから喧嘩に発展するかと思います。が、彼氏さんはこういうことがありません。

料理も一緒に作ったり、掃除洗濯もだいたい一緒にやります。強制は一切せず、「自分はここが気になったりするから~してくれると嬉しい」というような伝え方をしてくれます。苦手なものは手伝ってくれ得意な方が得意な方をやる。というスタンスがとても居心地がいいです。

意見を尊重してくれる

彼氏さんは喧嘩のときなどで私の言ったことなどをちゃんと覚えていてくれ納得したものだと本当にそのときから言葉の選び方など直してくれます。

おしゃべりをするときなども、よく話を聞いてくれセンスや考え方もどんなことも否定するということがありません。

なのでどんなことも安心して話すことが出来ます。受け入れてもらえるという安心感と信頼感は関係性の中でとても大事なものだと思います。

私の特徴(悪い習慣)

私自身も付き合い方の癖?というものがあり、これが原因で今までの恋愛でも喧嘩や長続きせず別れることになったなという特徴や、これは良い癖かもなというところもあります。参考になるかは分かりませんが、同じ人がいるかもしれないので書いておきます。

見捨てられ不安がある。

見捨てられ不安というか、これが拗ね癖にも繋がってよく喧嘩や別れることになっていたんですが彼氏さんと微妙な空気になったり嫌われたと思うような出来事があると拗ねたような態度で突き放そうとすることがよくありました。

それは彼氏さんが自分以外の人と仲が良かったり、忙しかったり実家に帰って連絡が少なくなったときなどもよくありました。

嫌われたり、興味をなくされて自分が傷付く前に自分から突き放そうとしていたんだと思います。これは本当によくあったんですが相手はそんな気はないし話し合いは出来ないしでとても困らせていたと思います。少しずつでも出来るところから自分の気持ちを伝えることが大切なんだと思います。

変な気の遣い方をしてしまう

これも見捨てられ不安からくるのかもしれませんが、お店や買い物の会計は自分が出そう出そうとしてしまいがちでした。そうしないと相手の負担になってしまう、奢って喜んでほしいなどありましたが、自分が奢られると申し訳なさを感じやすかったことも原因かもしれません。

気楽に奢ったり奢られたりが出来る関係がいいと思いますが、私は奢られてもなんだか申し訳なくてしょんぼりし、無理に奢ろうとして不自然になってしまったりでやり取り自体がストレスになりがちでした。

それは彼氏の家にいるときも妙にいろいろ手を出そうとしてしまったり、なにもしない時間があるとつまらないのではないかとソワソワしてしまったり。

「なにかしないと価値がない」という訳ではないですが一緒にいて疲れるような気の遣い方をすると長くいることでお互いの居心地が悪くなります。

長続きさせたいならもっと相手も自分も居心地のいい自然な空気を作れることだと思います。

言いたいことが言えない

これは以前の記事でも書いたように、言いたいことが言えないことが多いことで放し合いが上手くいかないまま終わってしまったお付き合いがありました。

自分の気持ちがわからない、言えないという人もいるかもしれませんが人間関係には必ず伝えないと分からない気持ちというのがあります。

少しずつでも言えるようにならないと関係が終わるのは時間の問題です。

自分の気持ちがわからなかったときに私が実践して意見を言えるようになった方法の記事はこちら

私の特徴(良い習慣)

スキンシップが多い

私は兄弟も多く、肌の触れ合いというものが幼い頃から多かったせいかすぐ相手に触れたくなります。こういうスキンシップは軽視されがちですが人間は握手しながらだとしないときより嘘がつけなくなる。スキンシップは身体の安心する感情を生み出す物質セロトニンを増やすなど心に安心感を生むようです。

彼氏さんも私と付き合ってから神経質っぽかったところが多少和らいだと言っていたので良かったです。

共通の趣味を持つ

私はなんでも手を出すところがあるのでそれを彼氏さんも誘ってやることで共通の趣味ができたりします。散歩なども好きでよく連れ出したり一緒にブログをやったり。

関係性だけだとお互いのことで頭がいっぱいになったりすれ違いを生みやすいけれど共通の趣味を見つけられるとその話をしたり目標を決めて楽しんで取り組めたりしてとても良かったです。

でも、無理に続けようとしたり強制はギスギスする可能性になるので続けられるところまでというようなゆる~い感じがいいと思います。

相性はある!

alvin-mahmudov-619847-unsplash
というわけで、私自身は拗ねやすさがあったり不満を溜めやすい性格だったため恋愛では長続きしないことばかりだったのですが、そんな私でもそこを逆にカバーをしてくれるような人と出逢えた、それが今の彼氏さんでした。

それまで「この性格じゃ、誰と付き合っても上手くいかないよ。。」と思い落ち込んでいたこともありました。

でも、そんな自分の欠点を補っていくような、お互いの凸凹を埋めるような相性の良い人というのは絶対いるはずです。

もちろん完全には上手くいかなくて、どんな人でも喧嘩や話し合いは必要ですがその中でお互いの理解が増え、絆が深まっていくんだなと今は思います。

トライ&エラーを繰り返しながらお互いから学び、理解を深めていく。

そんな時間はすべて愛おしく良い記憶の足跡になるのだと思います。

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA