屋久島たんかんを初めて食べたよ【味と感想】


先日知人から「屋久島たんかん」なるものをいただきました!

果物好きな私なんですが、この「たんかん」というものが食べた記憶がないので今回は感想がてら柑橘好きな私が感想がてらレビューしてみようと思います。

屋久島たんかんってなに?

スポンサーリンク


そもそも「たんかん」というのはポンカンとネーブルオレンジの自然交配種なるものらしいです。

屋久島たんかんとはその名の通り屋久島で採れたたんかん。

たんかんは台湾から1897年頃に日本へと広められ、主に暖かい気候の地域で栽培されるので日本では鹿児島や沖縄、奄美大島での収穫がほとんどだそうです。

通りで私の住む関東ではあまり見かけない。

どんな味なの?食べた感想

そんなお初の屋久島たんかん。

見た目はけっこう傷だらけ。理由アリ的な商品?と思ったけどこの傷はたんかんの特徴でもあるみたいですね。

栽培する地域柄、台風も多く山の中腹での栽培のため風によって葉擦れや果実がぶつかって傷が出来てしまうようです。でも品質には問題なし!

くれた方はオレンジとみかんの中間みたいな味、と言っていたけれど柑橘が大好きな私はワクワクです。

そして実食。

いざ、皮をむくときにまず驚きました。すごい香り。香りだけで拡がる果実感。酸味。

見た目ともどもポンカンに似てるなーというのが私見。

そして味はというと、、とっても美味しい!

酸味があってとても味が濃縮されたような口に広がる果実感!うーん、しいて言うなればポンカンの酸味を強くしてギュッとさせたような。

ひとつ食べると果物欲が満たされそうな私好みの味!

いままでの私的柑橘ランキングでは1位がデコポン、2位がはっさく、3位がポンカンだったんですが、今日から2位にたんかんを置きたいと思います!

いや、味ははっさくと迷う感じだったんですが何故2位になったかというとこのたんかん、みかんみたいに皮ごと食べれるんですよねー!

はっさくは好きだけどあの剥く作業が面倒くさくて汗

どっちか食べれるってなったら美味しさもそうだけど手軽さもあってたんかんを選んでしまうなーということで2位でした!

 

いや~、美味しかった!

ご馳走さまでした!

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です