ぎょうざの満州の冷凍餃子をお持ち帰りして食べてみたよ!

IMAG0805

ぎょうざの満州で持ち帰り冷凍餃子が特売日で安かったので買ってきました!

というかぎょうざの満州を知っていますか?知っている人は関東か埼玉に住んでる方でしょうね。

そう、ぎょうざの満州は埼玉、関東周辺ではあの「餃子の王将」と並ぶくらい認知されているローカルなお店なんです。

今回はその満州の餃子のレビューをしていきたいと思います。

IMAG0761

ぎょうざの満州を知ったきっかけ

スポンサーリンク


かくいう私は埼玉に移り住んでかれこれ6~7年、ぎょうざの満州の存在を知りませんでした。(おい)

いや、正確には知っていたのですが、外食をあまりしないため何度も通りかかってはいたもののスルーしていたので「あ、あそこか!」みたいな感じでした。

餃子はいつも家で母が作ったものを食べていた私。

しかし、あるとき家で出てきた夕飯の餃子をひとくち食べて衝撃が走りました…!

「う、、うまい…!!!」

我が家の台所に周富徳がいるのかと疑うような味の変化。

これは絶対いつもと違うと母に詰め寄ったところ、ぎょうざの満州というお店で持ち帰り餃子が安かったので買ってきたとのこと。

なるほど、お店のだと思うと納得でした。

しかし、作るより高くつくんじゃないかと思ったらその値段の安いこと!

それ以来、我が家の餃子は満州の餃子が定番となりました。グッバイ手作り(笑)

 

ぎょうざの満州の特売日は?

そう、このぎょうざの満州は通常の日でも十分安いのですが特売日というものが各店舗だいたい週に2日決められていてその日に行くとさらに安くなるんですね。

お店によって違うので知りたい方はこちらから。→ぎょうざの満州 店舗一覧

ぎょうざの満州の特売日の値段は?

そしてその値段。

通常は12個入りで324円(税込み)なんですが特売日はなんと

324円→259円(税込み)

安くないですか?安くないですか??

 

そして特売とかはないんですが60個はいった業務用の冷凍餃子も1200円くらいと安い外食の一人分の値段ですよ。

これ、一人暮らしの人とかだったら冷凍して保存できるし、焼くだけだしかなり便利なんじゃないでしょうか。

一人暮らししてる息子とか単身赴任してるお父さんとかに送ってあげたい。いや誰か送ってあげて。

ボリュームも皮がモチモチしてるからか私はいつも6個で十分ですね。プラス漬物とか味噌汁あったら丁度よい感じ。

男性だったら8~10個くらい欲しいかな?

 

ところで3割うまいってなに?

そしてぎょうざの満州を知っていくうちに気になるのがチラシやメニューにちょくちょく出てくる「3割うまい」の文字。

キャッチフレーズみたいだけど意味がわからないモヤモヤフレーズ。

思わず検索してしまうよね。

この3割うまいは調べたところによると

お客さんに3割りうまいってこの言葉は何を意味するの?
こんな質問を良く受けるので単純に三割、美味しく作って食べてもらおうと思い、宣伝のつもりで受けやすい言葉を探して付けたつもりでしたが、商売が大きくなるにつれそれなりの理屈付けをしなければならず、一番先に考えついた・三割・うまい・やすい・元気・でした。今から20年ほど前はこれが大受けでした。今ではこの「三割うまい」を合い言葉に「安くて美味しい食事が、安心して食べられる店」を会社の基本理念として営業しております。

ぎょうざの満州より

 

つまりなんとなく受けそうな言葉をつけたら店舗が大きくなっていくうちに理由に困って「うまい!安い!元気」で3割ということにしたと。うーん、とってつけたようだけど逆にこのモヤモヤ感が印象に残るからいいのかもしれない!

そのまた昔は「他店より3割増しの美味さ」ということで3割うまい!といわれてたそうなのですがそっちのほうがわかりやすいかも笑

原材料費、人件費、その他経費をいつの時代も売り上げから3割充てることでバランスのとれた営業を目指してるところからもきているのだとか。

食材は小麦粉以外が全部国産で、餃子もつくりおきはせず、毎朝つくりたてを工場から店舗へ自社配送してるとのことで餃子に対するこだわりが強いです。

食べて健康になれる餃子を目指しているというのも素敵。

たしかにつくりおきだったり、食材にこだわりがないと栄養価なさそうだけど、その点で満州さんは安心。

というわけで冷凍餃子を作ってみた

IMAG0805

 

ジュワっとな。

家で餃子を作るときは油ひいて餃子をのせ、焼き目をつけてから水だったんですが、満州さんの場合は先に餃子を並べて水をいれちゃうんですね。

水の量が餃子の半分くらいとアバウトだったんですが一枚もらったチラシに22センチのフライパンで18個焼く場合220CCと書いてありました。分量あると助かる。

ほんと餃子が半分以上つかるくらいなみなみとした感じ。

そこから強火でフタをして3分半。

 

水が白っぽくなってブクブクとしてきたら油を大匙1杯を全体に流しいれフタをして更に2分。

中火にしてさらに2分。

出来上がり。

IMAG0806

焦げた。

 

ってこれ実は時間通りに出来上がったとき端のを覗いたらあんまり焼けてない感じがしたんで1分くらい長めに焼いちゃった私の責任なんですよね。写真の一番右端の。

真ん中はちゃんと焼けてた模様。

二回目今度は時間きっちりに焼いたら綺麗な焼き目でできました!

夢中で綺麗に焼けたほう写真撮り忘れたけど!笑

まとめ

 

満州の餃子は王将や多店舗に比べて味はしっかりなんだけどボリュームありながらもヘルシーというかサッパリめなところが好きなんですよね。

食後もニンニク臭さがほぼなし!

他店の餃子は味が濃すぎることが多いので私はだいすきな餃子です!

 

モリモリ食べたいときに是非!

今度は通販とかで安くて美味しいのor全国の食べたことない餃子とか取り寄せるのもいいな~と画策しています。。

餃子だいすき。。

ではでは!

 

わん吉でした!

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です