断食4日間を実践した感想~きっかけは下腹ぽっこり~

150711528761_TP_V

食べても胃もたれも胃痛も全くなかった10代の頃は断食なんて絶対身体に良くない!なんて軽視してた私ですが、そんな私ももうアラサー。

少し食べただけで胃もたれや不快感が続くようになり、しかも暴飲暴食しないで普通に食べていても悩まされるように。そしてお腹空いてもしてなくてもいつでも下腹がぽっこり。お腹を見せると妊婦みたいだねと言われる始末。

思えばまだ若い20代始めの頃から食べ放題が好きで限界まで詰め込むことをよくやっていたせいか20代の半ばあたりから胃もたれは頻繁にあった気がします。

知り合いは30代近いのに「胃もたれって一回もなったことない」なんて言っていて驚愕する私。

そんなわけで食べるの大好きな私ですが初の断食にチャレンジすることにしました。


スポンサーリンク

なぜ断食をやろうと思ったのか

食事で改善など方法は他にもあったけれど何故、断食を選んだのか。

それは胃と腸の状態がすこぶる悪そう、という理由からです。

断食前の私の主な症状はというと

  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 便は3~4日に一度程度。不規則。悪臭。黒くて固い便が多い。または下痢。
  • 下腹が異様にぽっこりしてる。
  • 胃もたれすることが多い。
  • 食べたあと異常に眠い。

これらが悩みでした。

特に便は昔からそれが普通で気にしてなかったのですが、固くてなかなかでない。ときどき切れて出血してしまうほどで。

あまり便の話など周囲の人としないのですが、いざひどくなって相談してみると固い便か下痢かしかほとんど出たことないことに驚かれてしまって「え!みんなそんな毎日出て快便なの??」と逆に驚いてしまいました。。

これはどうにかしたい。

でも身体に良さそうな食事を実践してもあまり便の改善に繋がったことはなく、一度腸の中をすっきり出したい!と思いました。

また毎日の食事で胃や腸は疲れて弱ってしまい消化機能が衰えてしまっているということもあるようなので、断食することによって内臓のお休み期間をとってリセットすることも良いようです。

食べ物を消化するというのは私達が思ってるほどエネルギーを使っており、これが食後の眠気に繋がります。

しかし食べないとそのエネルギーが内臓の修復の方に向かうので機能が取り戻せるんですね。

これはもうやるしかない。

私がやった断食のルール

断食の期間は人によってまちまちで1日のプチ断食から7日間しっかりやる本格的なものまであります。

私も初めての断食なのでいろいろ調べました。デトックス効果が高いのはやはり長期の断食なようですが初めての場合は短い期間からはじめた方が良い、長期の場合は専門の人がついていないと危険な場合があるとのことで3日間のチャレンジをすることにしました。(最終的に4日間やりましたが、、)

断食は主に

  • 準備食(断食前に食べる動物性食物などを避けた野菜や和食中心の食事・2日程度)
  • 本断食(固形物をとらず水分のみの期間)
  • 回復食(断食後に消化の良い食物のみを摂る期間・準備食と同じ内容で本断食の期間の倍程度の期間)

この3つの期間をとり進められていきます。

準備食や回復食の期間をしっかりとらないと断食中の体調不良がひどくなってしまったり、断食後に重いものを急にとることで嘔吐してしまったりということがあります。

が、これをしっかりやるのはちょっとしんどいということで私は

  • 準備食…1日のみ。肉魚を避けた野菜中心の食事
  • 本断食…3日間。味噌汁、豆乳、梅昆布茶などはok
  • 回復食…2日間。肉魚を避けた消化の良い食事

と、ザックリやることにしました。

そして断食中の飲み物については本当は酵素ドリンクを飲むといいんですよね。

私もいろいろ調べてどうやら原材料や経験者の口コミをみてもこの酵素ドリンク
が良いらしいんですが、、

いかんせん高いんですよね。

他の似た酵素ドリンクを見てもどれも大体5000円オーバー。

断食すれば食費も浮くだろうしラッキーとすら思ってた私には重い出費。。

と、思いながら準備食中に立ち寄った薬局でこんな激安酵素ドリンクを発見してしまいました。↓

井藤漢方製薬 ビネップル 植物酵素黒酢飲料 720mL

まさに激安。。

これは酵素黒酢らしいのだけど良いのか…?と思ったのだけど飲まないよりかはいいだろうとこれで乗り切ることに。

果糖ブドウ糖液糖が入ってるものは血糖値をあげてしまって気分や体調の浮き沈みが出てしまうので断食中は本来入ってない方がいいらしいのですがね。

しかしAmazonの口コミもいいのでお買い上げしました。

そんなこんなで1日目がスタート!

スタート時の体重は57.5キロ。身長は163センチ。太り目ですね。

前日の夜にほぼ野菜のみで茹でたブロッコリーやバナナ、サラダのみを食べたんですがその準備食時点で胃が休まる感覚がありました。

なんでも肉や魚の消化にかかる時間は12時間以上かかるのに対し、野菜だとその消化時間は12時間~24時間かかることに対し、野菜はなんと2時間程度で消化してしまうんですね。

ああ、野菜だけにするだけでこんな違うんだ、、ともはやゴールした感のある私ですが今更やめるのもアレなので夕食のサラダを噛みしめながら最後の食事を終え本断食1日目に。

一日目に感じたことは

・意外に平気

普段から朝食や昼食摂らなかったりで15~16時間食事を摂らないことがたまにあるせいか夜まで多少お腹すくことはあっても全く平気でした。

丸一日なにも食べないということは生まれてこの方なかったはずですが、寝るときも体調不良もなく普通。普段と変わらない一日でした。

・コーヒーが飲みたくない

ほぼ普段と体調が変わらない一日でしたが、唯一変わったとしたらほぼ毎日飲んでいたコーヒーが飲みたくないことでした。

飲みたくない、というよりは飲んだらいけないというような感覚。

断食中の飲み物に関する情報を見てもカフェインは断食中は身体の冷えや空腹の胃への重い刺激となり良くないらいいですね。

身体はわかっているのでしょうか。

一日目のカフェでは豆乳をいただきました。

なんか豆乳は好きではなくて普段飲まないんですが、この日は豆の味がとても美味しく感じられておかわりしたいくらいでした。

 

そんなこんなでなんなく1日目が終了。

案外楽勝かと思ったのは束の間。魔の2日に入ります。。

その他断食関連記事はコチラ↓
断食2日目~発熱~
断食3日目~精神的効果~
断食4日目~腸は超大事~

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です