なんかイライラする!その解消法はもしかして便秘にあるかも!?

oydiusbzak0a54t1482737912_1482738328

なんだか今日は理由もなくイライラ。理由もなく同僚、上司。家族や友人に限らず、ずっと苛立ってしまって心の中での悪態が尽きない。そんな自分に自己嫌悪…。

特に理由が思い当たらないそんなあなた、最近便秘じゃありませんか?

便秘がイライラの原因に繋がる?

私が便秘がイライラの原因に繋がるのかもと感じたのは過去やっていた介護の仕事のとき。

介護では寝たきりのお年寄りがちゃんと排便したかを知るための毎日チェックをとるんですね。

中に一人だけ必ず毎回のように便秘になり浣腸や下剤を使用することが多いおじいちゃんがいたのですがその方が便秘3日目のときの機嫌が本当に悪い!!

(当時働いていた施設では3日便が出なかったときは下剤や浣腸をする決まりがありました)

認知症の方だったんですが、便秘の日は怒鳴ることが多かったり、食事もイライラが凄く口に入れて吹きかけられることもありました。

それが毎回便秘3日目という不思議。

そして浣腸などをし、スッキリすると急に鼻歌をするほどの上機嫌になるのです。

 

私も最初に便秘の日に多いな~と気づいたときは「まさかな」「偶然かな」と思ったのですがこうも毎回だと便秘とイライラの繋がりを認めざるを得ませんでした。

 

それに加えて私自身もそれを体感するから。

私が感じるのは仕事の日、私は朝から理由なくイライラしていて、もう誰とも話したくないというか、ちょっとしたちょっかいなどにも凄く苛立ってしまう日がときどきありました。

理由ないイライラもそのうち、塞ぎこんだ感情になったりで、そんな自分に落ち込む始末。

しかし、そういう気分のときの身体の状態って決まってダラダラ食べ過ぎてしまって腸が重い感じがするときや便秘のときなんです。

そしてトイレにいくと不思議と身体が軽くなるというか気分もフワッと不快感が抜けていったような感覚になったり。

誰もがそんな感覚になったことはあるのではないでしょうか。

たかが便秘といえどイライラが抑制できないと周囲に迷惑をかけかねません。

 

腸の状態が気分に繋がる理由

「腸は第二の心臓」と言われていることから身体の中でも大事な器官という認識はありました。

が、感情などの精神面にまで影響してるとはあまり考えたことはなかった。しかし、調べてみると腸の状態が精神状態に影響するという考えは全く新しいものではなく、1800年代初頭には胃腸生理学の開拓者となった軍医のウィリアム・ボーモントは、人の感情が胃腸の状態と共に変化することを世に示していたとか。

腸の微生物、その中での悪玉菌とよばれるものが優勢になると腸内が腐敗することで発生する有害物質は腸から身体に吸収され、さまざまな悪影響を及ぼすと考えられているようです。

腸が人間に与える影響とされると考えられているものはこんなにも↓

  • ・精神病(統合失調症、うつ、アルコール依存症等)
  • ・行動(ポジティブ思考、好奇心、社交的、突発性)
  • ・性格や気質(自制や依存心など)
  • ・学習、記憶、認知能力

腸内の細菌や腸の状態によって脳の発達や心の状態に大きな影響を与えているとか。第二の心臓と言われることも頷けます。良くも悪くも働くということですね。

 

逆もまた然り、感情が腸を支配する

逆に緊張やストレスを感じるとお腹が痛くなる人がいますよね。

それも感情と腸が密接に関係してる現れで、ストレスを感じることで腸の機能が変わるということもあるのです。

「断腸の思い」という言葉も、昔、中国で兵士が子猿を捕まえ船に乗せたときに子供を必死に追ってきた母猿がいたようで、やっと船に追いついたけれど息絶えた母猿の腸がズタズタに引き千切れた状態だったことがその言葉の由来のようです。

腸と感情は相互にコミュニケーションをとっているといっていいでしょう

 

腸の状態は良くするには?

じゃあどうすれば善玉菌が増えるかというと、所説諸々はありますがやはり発酵乳などが腸にはいいとのこと。

ヨーグルトに含まれているプロバイオティクスなどを摂ると実験前より不安や恐れ、怒りなどのネガティブ感情が軽減したという研究結果があるそうです。

また、葉物の野菜(ほうれん草など)も腸の善玉菌を増やしてくれるそうで効果が期待できます。

そして調べていくうちで、少し興味深かったのが現在の腸内で多くなっているバクテリアが欲してるエサをその個人も必要な栄養素として食べたくなってしまうということ。

つまり、悪玉菌が多くいる人はその悪玉菌が欲しがる栄養素(肉類など)をさらに好んで食べてしまうということですね。

元々肉好きからきてるかもしれないですが、もしかしたら体内の悪玉菌が欲しがっているという可能性もあるわけですね。

一緒に暮らす人によって食生活や好きなものが変化する人もいますがそういう人は腸内環境の変化が大きいのかも。

腸の不快は心の不快!自分の習慣を見直してみよう!

  • どうしても飲みなどの付き合いが多くなってる職場。
  • ダラダラと食べ続けてしまうなどの習慣
  • 肉中心や偏った食生活
  • 慢性的なストレス
  • 年末年始の忘年会シーズン

こういった習慣は知らぬ間にネガティブ感情やイライラ、学習能力にまで差をつけている可能性があることを頭にいれて日頃から腸の状態を快適に保っておきたいですね。

 

私的にはダラダラとした食べ過ぎが一番くる!

胃も腸も適度に休ませながら大事にしていきたいと思った胃もたれ中の記事でした。←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です