ロストワン型アダルトチルドレンだった私の克服方法

機能不全家族で育った子供(アダルトチルドレン)のタイプの中で私は明らかにロストワンの特徴を持ってました。

20代の頃はその自分を出せない、本音を話せない性格のせいで生き辛く苦労しましたが今は様々な体験を経て克服したと思ってます。

もし、同じようなロストワン型の人がいたなら、少しでも助けになればと思い書き綴ります。

“ロストワン型アダルトチルドレンだった私の克服方法” の続きを読む

不登校の子供に寄り添う親の対応とはなにかを考える

私の兄と姉は不登校でした。たぶんきっかけは些細なことであったと思うけれど一回行かなくなると行きづらくなるのが学校というもの。

なにが原因だとかどう解消するかということに囚われることは多いけれど、それは不登校の本人を追い詰めることにもなるよなぁというのが近くで見てた私の意見です。

当人ではないし、個人に合った接し方というものがある前提で私なりに近くで見て感じたことを書き綴ります。

“不登校の子供に寄り添う親の対応とはなにかを考える” の続きを読む

人生で辛いときに支えてくれた人が特別な人になる

人生でしんどい時期や折れそうになる時期、壁にぶちあたるとき。

そんな時期に傍にいてくれた人や救われる言葉をかけてくれた人って自分にとって一生思い出すような特別な人になるよなぁとふと思ったんです。

“人生で辛いときに支えてくれた人が特別な人になる” の続きを読む

ツイッターやブログで発信する怖さについて

発信が怖い、勇気がいる。と感じてる人は多いはず。かくいう私もこれまで長くツイッターやブログをやってるけどこの発信する恐怖感というか抵抗感は未だ拭えていなかった。

もっと自分を表現したいと思うのに、恐怖感から内容で足踏みしたりすぐ感情が揺らいで足が止まってしまう。

そんな状態だった私なんですが最近なぜそうなるのか深堀りしていった結果、以前より発信に驚くほど抵抗がなくなったその考え方をシェアします。

“ツイッターやブログで発信する怖さについて” の続きを読む

心が疲れたときにやってもらいたい回復法

最近なにを見ても無感動、心から笑えない、疲れた、世の中が空虚に見える。。心が疲れてくると見るものすべてが色褪せて感じる時期というのがあります。

それは私もありました。それも長く、苦しい時期でした。

渦中にいるときはずっとこのまま人生が続くのかと絶望していたけど抜け出した今なら過去の自分にこう言えます。

「大丈夫、いまは人生に必要な過程を歩んでるだけだよ」と。

“心が疲れたときにやってもらいたい回復法” の続きを読む

人と会うと消耗してしまう人と人と会うことで充電できる人

今までの私は頑張って「社交的でたくさんの人と楽しく話せる自分」になろうともがいていたように思う。

最近わかったことはみんなそれぞれ違うのに、それをあえて良い悪いに分けて良い方に努力をすることで生き辛くなっていたのだということ

人はみんなグラデーションでどれがいいとか悪いとかはないのだと思う。

“人と会うと消耗してしまう人と人と会うことで充電できる人” の続きを読む

見られたくない弱い自分が強みになる

弱い自分は認めたくない、見せたくない。

なんとか弱いところは直して、理想の自分になりたい。以前の自分はそう思ってました。でも直せない。頑張っても弱いままの自分を嫌いになっていく。

そんな過去の自分にちょっとだけ強くなれた今の自分からの言葉を贈ろうと思います。

“見られたくない弱い自分が強みになる” の続きを読む

気遣いで疲れやすい人は気を使うことが自己防衛の手段になっているから

彼氏や仕事、家族、友達関係でも好きなのに長く一緒にいるとすぐに疲れてしまう。そんな人は気遣いのし過ぎが原因かもしれません。

ちょっとした気遣いでも、疲れるような気遣いが長く続くと心身が消耗し病気に繋がりかねません。

一度立ち止まって自分の行為を丁寧に見つめなおすことが大事かもしれません。

“気遣いで疲れやすい人は気を使うことが自己防衛の手段になっているから” の続きを読む

瞑想で感じた脳と身体の変化

瞑想で感じる効果や変化って人それぞれ違うものですが、不思議な体験をするという人は多いといいます。

私自身も仕事であんまりやれない時期もありながらも3年近くは瞑想を続けました。その中でどんな変化や効果があったか書いてみようと思います。

“瞑想で感じた脳と身体の変化” の続きを読む

負の感情を無視しない

どうも、わん吉です。

本文とは関係ないんですが最近ブログにスパムが多かったんですが対処の仕方がわからなくて放置してたんです。しかしよく見るとコメント書いてくださってる読者の人がいて大分遅れてしまったけどしっかり今読ませて頂いてます。ちょっとヘコみ気味のタイミングだったので凄く嬉しいです。励みになります。本当にありがとうございます。

“負の感情を無視しない” の続きを読む