2017年合格!アドセンス申請にかかった期間や気をつけたことを解説するよ!

FqunvEqjdHYcM2t1485129859_1485130422

2017年1月中旬。アドセンスの合格通知がきました!

なんと一発合格です!素直にうれしい!

ブログを始めて3ヶ月。初心者でパソコンの保存の仕方もわからずスタートし、四苦八苦しながらやってきました。見ての通りまだまだサイト構成も手探りで初期のテンプレからちょこちょこ手を加える程度にしか出来てないのですがアドセンスに向けてやってきたことを記します!

そんなこんなで私自身もアドセンス申請に向けていろんなサイトの情報を参考にさせてもらったので恩返しに私も記事にしようと思いますっ

合格までの経過と期間は?

アドセンスは1次審査と2次審査があるという噂をよく聞いていたのですが、今回の申請で1次や2次といった通知はなく、どれが2次審査なんだ?受かったのかな?と分からなくなっていたときがありました。

なので審査の流れを簡単に記述します。

スポンサーリンク

経過としては

 

1/9 pm 20時 アドセンス申請

1/9 pm 22時 お申込み内容の審査が無事完了しました。との通知メール。

アドセンスを開いてみたところ、サイトのheadにコードを埋め込んでくださいとの指示があったので埋め込む。

1/9 pm 23時 埋め込み完了。埋め込み後、審査には最大3日間かかるとの表示。

1/15 pm 12時 アカウントの承認手続き完了。おめでとうございます!との表示。

でした。

申請2時間後にメールがきたので、考えればこれが1次審査だと分かるのですが、返ってきたメールに

 

審査が無事完了しました。あとは最初の広告ユニットを作成し、生成された広告コードを〇〇(当サイト)に挿入すれば、アカウントの有効化手続きが完了します。

 

と書いてあったし、2次審査についても書いてなかったので一瞬「え??受かったの??」となりましたが違いました。笑

アドセンスのサイトに行くとサイトのheadにアドセンスコードを埋め込んでくださいとの指示があったのでその通りに。

html的な画面だったのでビビりましたが検索すると意外に簡単にできました。

埋め込むと「審査中です。審査には最大3日間かかります」との表示がでました。多分ここが記載はされてなかったものの今までで言う2次審査スタートなのかと。

他のサイトでも2次審査は3日と書かれながら3日どころか1週間やら2週間、もしくは通知こなかったなどの書き込みが多かったので気長に待つことに。

そうして思いのほか早く5日後に審査に合格して広告を貼ることができました。

審査にかかった期間は約6日で、他のサイトの情報に比べたら早く通知がきて良かったです。

headへのコードの貼り方

htmlの操作なのでビビりましたが、こちらのサイトが申請の手順や流れが詳しく記載されていたのでとても参考になりました。

ワードプレスへのheadへのコードの貼り方もわかりやすく書いてありました。

ありがたや。。

【2017年2月更新】Googleアドセンス審査の全手順(最新版)

 

こんな感じで審査は無事通過しました。

次は審査までの過程や気をつけたことなどを順繰りに。

厳しくなったと聞き戦々恐々としていた2016年夏。

私がこのかめの一歩123というサイトを作ったのは去年2016年の10月でした。

サイトを作り始めたときからアドセンスの存在は知っていたので10記事も書いた頃には申請しようかなといろいろ調べはじめました。

が、しかし!

調べると2016年の夏頃から申請基準が厳格化したとささやかれてるじゃありませんか!

ささやかれてるどころか明らかな感じでアドセンス公式らしき情報からも無料ブログでは受からない、日記系の記事では受からないというようなアナウンス。それに加え記事数や文字数などもある程度ないと落ちるとか。

しかも同じ頃、検索キーワードの数を調べるキーワードプランナーなども無料ではざっくりとした検索しかできなくなった!との情報。

登録すると本当に1000~1万や、1万~10万という超アバウトな検索数しか出てきません。これでは正直役に立たない。

本格的にブログを始めようとした矢先にその2つの事実を聞き、これはもうブログやらない方がいいんじゃないと言われてるような気がして意気消沈してました。(←ネガティブ。)

しかし、何年かかってもいいから少しずつブログを成長させていこうと最初から決めていた私。落ち込みながらも腹を括って、ちょこちょこ情報をいれつつまずは記事作成の方に集中しました。

そのときのアドセンス申請情報で私が信憑性があるなと感じたのは

  • 記事数は30記事以上で1000文字以上
  • 日記系の記事では受からない
  • プライバシーポリシーは必要
  • お問い合わせフォームの設定
  • お酒、タバコ、暴力についてなど公序良俗に反した記事は避ける

でした。

なので記事作成にあたって内容は日記系であってもなるべく書き方に気を付けて作成するようにしました。

相方がアドセンス申請。しかし…。

去年の11月頃、私よりずっと早くブログをやっていた相方が無料ブログから独自ドメインに変えたことをきっかけにアドセンスに申請しました。

…が、結果は合格ならず。

これには私自身もびっくり。なにせ相方はPCの知識にも強くサイトも作りこまれており記事数もアクセスもとてもあったからです。

当然受かるだろうなーと思っていたところのこの結果です。

理由はポリシー違反とのことですが、そう思われるところを訂正して再申請しても即落ち。また訂正し2週間程度あけて申請しても即落ち。

ブルブルです。

そのときの相方のブログのスペックは以下の通り。

  • はてなブログからはてなProに移行しての申請。
  • ブログ期間は無料期間合わせて1年半ほど。Proに移行してからは1ヶ月ほど
  • 記事数100近く。文字数もほぼ1000~2000文字超え
  • アクセス数は月1万程度。
  • amazonアソシエイトの広告を貼っている
  • 問い合わせフォーム、プライバシーポリシー設置済み

条件的には独自ドメインだし、記事数文字数も十分ある。プライバシーポリシーも問い合わせフォームもある。

訂正にあたって広告やyoutubeの動画を外してみても効果なし。

ということはポリシー違反ということで記事の内容に問題があるのかもしれないけれど相方はギャンブルやお酒、暴力の記事などは1ミリどころか微塵も書いていない。

あえて言うなれば相方は無料ブログから経験を記すためにブログをはじめたので日記系の記事だったことだ。

しかしこれは今までの記事を全部訂正するわけにはいかないし、いきなり記事のテイストを変えることもブログの独自性を失ってしまうことに思われました。

なのである程度、修正しても受からなかったのでそのまま申請は諦めることに。

アドセンスは理由をはっきり教えてくれることはなくポリシー違反としか書かれないためどこを直したらいいかがわからないのです。

もしかしたら理由は違ったかもしれないですが、いろいろ訂正して申請してもダメだったのでそれ以外は考えられない感じでした。

記事作成や申請にあたって気をつけたこと

そんな相方のこともあってか私も2016年は申請せず記事作成に集中しました。

そして年も明け2017年。

記事数も50を超え、ダメ元でそろそろ一回申請しようと思い立ちました。

申請や記事作成にあたって私が意識したことを挙げていきます。

 

・記事は日記系でも読む人に役立つ形にする

アドセンスのポリシーを熟読するのも大事だと思いますが私はgoogle(グーグル)の理念にヒントを得ました。

 

特に10の理念の6番目

悪事を働かなくてもお金は稼げる。

Google は営利企業です。企業に検索テクノロジーを提供することと、Google のサイトやその他のウェブサイトに有料広告を掲載することで収益を得ています。世界中の数多くの広告主が AdWords で商品を宣伝し、数多くのサイト運営者が Google の AdSense プログラムでサイトのコンテンツに関連する広告を配信しています。広告主様だけでなく、すべてのユーザーの皆さんにご満足いただくため、Google では広告プログラムとその実践について次のような基本理念を掲げています。

  • 検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載は認めません。Google は、広告というものはユーザーが必要としている情報と関連性がある場合にのみ役立つと考えています。そのため、検索結果ページに広告がまったく表示されない場合もあります。
  • Google は、派手な広告でなくても効率よく宣伝ができると考えています。ポップアップ広告は邪魔になってユーザーが見たいコンテンツを自由に見られないので、Google では許可していません。Google は、閲覧しているユーザーに関連性のあるテキスト広告のほうが、ランダムに掲載される広告よりずっとクリック率が高いことに着目しました。企業の規模には関係なく、あらゆる広告主がこのターゲット広告を利用できます。
  • Google が掲載する広告には、スポンサーによる広告リンク(スポンサーリンク)であることを必ず明記しているため、検索結果の完全性が損なわれません。Google が検索結果のランクに手を加えてパートナー サイトの順位を高めるようなことは絶対にありません。PageRank は、お金で買うことはできません。Google のユーザーは Google の客観性を信頼しているのであり、その信頼を損なって短期的に収益が増加しても意味がないのです。

引用:googleの理念 「googleが掲げる10の理念」より

 

つまりgoogleもアドセンスという広告によっての収益で運営されていて、その収益を上げるためには、記事と広告の関連性が高いほうがいいということ。

もちろんアドセンスが貼ってあるサイトを優位にすることはないとキチンと記述してありますが日記系が通らなくなったのはこれが関係しているのかなと。

日記系ではタイトルや中身が個人的なものであり、なんの記事かわからないことが多々です。

例えば「嬉しかった出来事」や「最近頑張ってること」などのタイトルだとその記事にふさわしい広告は何が考えられるでしょうか?

わからないですよね。

内容がわからないため関連性のない広告が貼られたところでクリックをされることはほぼありません。誤クリックされたところでgoogleさんも広告主さんも支払い分だけ損をしちゃう。

でもこれが「〇〇のプレゼントもらった!嬉しかった!」や「最近〇〇資格の勉強を頑張ってます」だったらどうでしょう。

そのプレゼントと関連する広告や、その勉強している資格講座の広告が関連するものとして考えられます。

同じ内容でも少し具体性を持たせるだけで記事の内容がキーワードとして分かりやすいし、その情報を求めてるユーザーに届きやすいのです。

そうすることでユーザーの求める情報から関連するサービス(広告)もクリックされること。これってユーザー、記事の書き手、広告主、google(アドセンス)の三者全部にとって良いことですよね。

と、これは私の見解ですがそういったことを意識して書きました。

が、意識し過ぎると疲れます笑

私の場合書く内容そのものからそれを意識してしまい書きたい気持ちがあまりないけど需要ありそうなことを記事にしようとしたため記事を書いててまったく楽しくなかったです。

ブログやサイトでバリバリ収益を上げようと考えてる人はいいのかも知れませんが元々日記や楽しんで記事を書きたいと思ってる人は意識し過ぎは禁物ですね。これでは一番大事な継続がままなりません。

なので日記系がメインの人は内容は書きたいもので、その書き方をちょっと検索ユーザーを意識したキーワードを盛り込む。これぐらいで丁度いいなと思いました。

・プライバシーポリシー、問い合わせフォームの設置

プライバシーポリシーは必須らしいので設置。

問い合わせフォームは不可欠とは聞かなかったですが念のため設置。

・プロフィールを設置

調べたところ、1次審査は機械ですが2次は人による目視チェックがはいると聞いたのでプロフィールを設置しました。

やはり人の目がはいるならサイトの第一印象は大切。

第一印象といったら記事のタイトルもですが、同じくらいその記事を書いた人のプロフィールじゃないでしょうか。

運営者も連絡先も全く明示してないサイトと、写真付きで経歴や自己紹介、連絡先(問い合わせ先)もキチン載っているサイトならどちらが信頼できるでしょうか?

言うまでもなく後者ですよね。

写真までは言わずともどんな人が運営してるのかというような簡単なプロフィールは載せておこうと思いました。

・30記事1000文字以上

申請時は50記事、大体1記事平均2000~2500文字でした。

・広告、画像はそのまま

A8、moba8、amazonの広告がありましたがそのままにしました。

広告を使ってはいけないは信憑性が薄いかなと個人的に判断しました。adsenseのみで収益をはかろうとする人なんて少数派だと思いますし、長期的に運営してきた人がadsense審査のために広告を外すなんてことはしないと思われますし、それはadsense側にとっても有益とは思えなかったからです。

画像NGとういう説も、やはり個人的にも画像があった方が視覚的にも内容が伝わり見やすいですし画像があったから審査に落とされたとういうのは考えづらいなと思いました。

審査に関係するのはそういったものの著作権なのだと思います。

出版物や作り手のいるものは避けて無料画像や自分で撮ったものならバンバン使って大丈夫なのだと思います。

Googleはむしろ独自性のあるサイトを奨励しているので自分で撮った写真などはむしろ積極的に使った方がいいかと。もちろんポリシーの範囲内でですが。

 

・カテゴリーの設置

サイトを訪れた際、どんな内容の記事があるのかというのが一目でわかるようなカテゴリーかグローバルメニューがあるほうがいいと思ったのでカテゴリーを設置しました。

adsenseは記事数もですがサイトが作った初期のテンプレートのままだとサイト作成の準備段階という判断になりコンテンツ不足と通知がきます。

なので最低限で

  • ヘッダー画像の設置
  • サイトの説明文(なにについて書かれてるサイトかトップでわかるようにする)
  • カテゴリー一覧やグローバルメニューの設置

これらは作った方がいいと思います。

 

まとめ ~とりあえず申請してみよう~

以上がブログ開始から申請するまで3ヶ月で私が意識したことです。

そして私が申請するにあたって思ったことなのですがネット上には審査に関する様々な情報が溢れており、様々な憶測が飛び交ってます。

その情報の多くの物は実際にgoogleから明示されたものでなく申請した人の憶測によるものです。

もちろんこの記事も例外ではありません。

私自身もいろんな情報を目にし、もうちょっとサイトをしっかりさせてから申請した方がいいかなと申請を延ばし延ばしにしたのはもったいなかったかなと。

申請は一度通らないとすぐ申請しても機械的にすぐ落ちるようになり再審査までに2週間ほどおかないといけません。

なので準備が最低限整ったなら、早めにトライしダメだったらその間でまたサイト構成を整えつついつも通り記事作成などをしていくほうがいいと感じました。

 

審査の基準や仕方も日々変わっているのでネット上の情報が必ず正しいとは限りません。

インプットし過ぎずにまずは申請してみましょう。

 

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

「2017年合格!アドセンス申請にかかった期間や気をつけたことを解説するよ!」への2件のフィードバック

  1. まずはアドセンス審査通過、おめでとうございます。

    また、記事をご参考にして頂いたとのことで誠に光栄です。(わざわざ引用までして下さいましてありがとうございます。)

    記事を拝見させて頂きましたが、構成、丁寧さ、考え方などなど。審査に一発合格なさったのも頷けます。

    引き続き、ブログ運営を楽しんでくださいね。陰ながら応援させて頂きます。

    1. ありがとうございます!嬉しいです!
      こちらこそ見やすい図解つきの解説や一連の丁寧な手順説明に現在進行形で大変助かっています。

      こういった記事は探すのも大変なので一人でも多くの人に見つけてもらいたいです。
      無断リンクながら嬉しいメッセージまで頂き本当にありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です