ネットワークビジネスに勧誘された話~セミナー編~

df7mrmub8fnvvmq1481500876_1481501280

前回のネットワークビジネスで勧誘された話~料理教室編~からの続きです。

Sさんの自宅での勧誘からなんとか逃れ、ひといきついたのも束の間。

二週間ほどしたとき、Sさんからメールが。

前回のこともあり少し警戒しながら開いたメールに書かれてた文章は…

ショッピングへのお誘いメールがきた!

もう勧誘には絶対いかないと思っていた私。

でもSさんからきたそのメールにはこう書かれてた。

 

Sさん 「今度よかったら二人でショッピングいかない?」

駅前のショッピングモールで買い物しない?という内容のメールだった。

てっきりまた勧誘だな!?と威嚇していた私だったけどショッピングモールだったら勧誘されるはずがない。

単純な私は、ああ勧誘なしで会おうとしてくれるんだ。ちゃんと断ったし、これ以上は誘ったりしないんだな。私自身も前回は頑なに断りすぎてちょっと言い方キツかったかもしれないのに。普通に友達になれるならよかった。

と、ホイホイまたOKの返事をしてしまった。

スポンサーリンク

ショッピングかと思ったらセミナーだった

約束のショッピング当日。Sさんと待ち合わせて話していた駅前のショッピングモールへ。

さて買い物だ!とモール内をまわっていると早々にSさんにこう言われた。

 

Sさん 「今日ね、私のおばあちゃんがここで健康についての話をするんだけどちょっと寄っていい?」

私は急だったのでモール内で健康について?と思った。ショッピングモールというと時々大きいスペースで著名な人の講演だったり売り場などで商品の紹介や実演販売などやっているのでそういうのかなと思った。

「へー、すごいね!」

まぁそんな長くないだろうし、そう思って気軽にいいよーと返事をしてその場所へ向かうことに。

 

そうして向かった先はショッピングモールのけっこう上の階。

あれー、こっちの階ってあんまり行ったことないな…とついていくと着いたところは

 

セミナー室。

 

ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!

 

なんでそうなる!!

っていうかショッピングモールってこんな貸出用のセミナー室なんてあったんだ!!

ってそこじゃない!そう思ってもそこはもう和やかな多くの関係者の波の中。私は嫌な予感しかしないながらに一度いいよと自ら言ってしまったし、まだ勧誘かはわからない。落ち着け私!と自分を制しました。

そんな私にSさんは

「ごめん!今日人がちょっと足りないみたいで受付てつだってくれない??」

と私はよくわからないまま受付へ。

 

人が次から次へとくるので急に頼まれた受付作業を必死にこなす私。

そうこうしてる内に会がはじまり、私は受付の席のままその式?を眺めていた。

話に聞いていたのはおばあちゃんの健康の話。

しかし実際は前回勧誘されたSさんのやってるネットワークビジネスの表彰会のようなもので、実績をあげた人の名前が次々と呼ばれ花束が贈呈されていた。

 

「いや全然話ちがいますやん。」

 

そう思わざるはえない。おばあちゃんどこいった。

こんな騙すように誘うビジネスなんて絶対入会しない!と心に強く決めた私は受付で会を見守っているという

 

完璧に関係者の図。

 

いや、でもこの経験で良かった点をあげるとね、この話を友人にするとここの下りで爆笑してくれるというところ。たしかに自分自身そのときの状況を滑稽に思いましたもん。

 

Sさんには入会しない旨を前回以上にハッキリ伝えてその場を終えました。

ネットワークビジネスの勧誘は3回はあると思え

ほんと誘ってくるときはしぜーんに誘ってくるのですがネットワークビジネスの誘いはほぼ確実に何回もです。

絶対1回や2回では諦めない。

実際にSさんもショッピングモールでのことの何か月か後にまた誘ってきました。

時間を置いてまた誘ってくるのでうっかり行ってしまっても話は絶対に勧誘です。もういいかげん諦めてくれたかな?っていうのはないと思ってください。

ちなみに3回目の誘いは「50人で鬼ごっこするんだけど来ない?」でした。

 

いかないよ!!!泣

 

Sさんはその後すぐ仕事も辞めてそれっきりとなりました。

嘘をつかれるのが嫌だった

ちなみに私はネットワークビジネスがどんなものかというのを詳しく知らない。ネットで調べたりもしたけどネズミ講だの、いやマルチ商法はネズミじゃなくちゃんとしたビジネスの手法だとか。システムとか。

でも私はそれ以前に言われた内容と全然話が違ってたり、嘘ついて連れていかれたりそういうのが死ぬほど嫌だった。

仮にそれがいいビジネスだろーが儲かろーがそんな風に嘘つくやり方の仕事をしたくない。

それを自分の友達にしたくない。

少なからず私は料理のときも今回も嘘つかれた、騙された感じがして傷ついたからだ。

あやしいと言われてようがなんだろうが「こんな仕事の話があってね」と、そのままの話をしてくれた方がよっぽど内容について聞く耳が持てたのにと思う。

あんまり噂を信用したくない私だけど、こういう勧誘の仕方をしていたら印象が悪くなるのはしょうがないというのが私が実際にネットワークビジネスに触れて思った感想だった。

やるやらないは人それぞれだけれど、勧誘の仕方は変えたほうがいいと強く思った話でした。

 

これで終わりやと思うやろ?

でもな節子、これで終わりとちゃうんや!

 

なんとネットワークビジネスの勧誘はまだ続く…次はネットワークビジネスに勧誘された話~朝活編~だ!

 

 

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です