高血圧を甘くみない!危険と思ったらすぐ救急車を呼ぶべき理由

pasona_36_tp_v

こんにちは!

レッツ下剋上!ブロガーのわん吉です!

最近なんですけど母親が高血圧がひどくなり救急車で運ばれました。

なんというか、今まで高血圧になることは多々あったのですが今回のそれはひどく、自分の高血圧に対する認識を変えるものだったので記事にします。

高血圧の人ってよく聞くし、薬飲む必要もないとかあんまり気にするものじゃないなんて話も聞いたことがあったから油断してたけど、一歩間違うと危ないものだと思いました。その詳細。

救急車で運ばれたときの様子

スポンサーリンク


母が救急車で運ばれたときは夜中の出来事でした。

当日朝から具合が悪かったものの家にあった薬で一時的に良くなるを繰り返していました。

でも、夜になっても良くならず悪化。

そのときの母は頭痛、気持ち悪さが重かったようでした。

普段も高血圧に注意と言われていたけれど、症状がでてもすぐおさまることも多かったので病院に行くか迷ったりしているうちに悪化してしまった感じ。

以前も少し重く症状がでて、でも病院に行こうとタクシーを呼んでる最中に良くなってきたことがあったりしたことからまたすぐおさまるかも、と躊躇ってしまったみたいです。

しかしこれが仇となって夜間に病院を探すけど行こうと思った病院は連絡すると受付けが出来ないとのことだったり、行った病院も非常勤の医師しかいなかったので専門の医師に診てもらうことはできず。

小さい病院だったのと祝日の前日だったこともあり専門の先生に診てもらえたのは二泊の入院の後でした。。診断結果がでない間は本当気を揉んだ、、早く病院行くべきだったと後悔しました。

病院到着後、ICUへ

母は病院へ向かうときは胸の気持ち悪さと頭痛のみだったんですが、病院へ向かう最中にさらに悪化。

嘔吐も加わり嗚咽と相まって顔が真っ赤でした。

病院へ到着後、血圧は200異常心拍数40台と弱いこともあり血圧を下げる薬が使えないとのことでしばらく症状がおさまらずとても苦しそうでした。

頭痛もあったことから脳出血の可能性や大動脈解離などの可能性もあるとのことでICU(集中治療室)への入院が決まり、付き添うこともできずその日は帰宅。

たんなる高血圧だからと油断しない

結果的に母は脳のCTやMRIなどの結果、異常なしということで退院できました。

原因も聞きましたがやはり高血圧は特定できる原因というものがなく、遺伝や生活習慣などいろんな要因ででてきてしまうことのこと。

70近くの高齢だったということもありましたが、症状が悪化したときの様子はもしかしたら、、と焦りました。

普段が元気だし、今までも血圧が上がることはよくあったけど薬を飲めばじきおさまっていたし比較的健康な方だと思っていた母なので今回のことは驚きました。

高血圧って病気のような体質のようなそんなイメージだけど、重いときは命に関わることだということをよく認識しておくことが大事だなと。

症状が重いときは一人にしない

母は救急車で運ばれる当日、朝から「ちょっと調子悪いなぁ」とは言っていたものの普通にご飯を食べたりテレビをみたり。

でもいつもより薬を多く服用していたりとあまり周りには言わず自分で判断していました。

重くなると薬を飲んで少し良くなってを繰り返していた、と聞いたのは夜になってのことでした。

母も高血圧の症状くらいで病院とか救急車になるのは気がひけたのかもしれませんが頭痛や嘔吐などの症状は脳の血管に負荷がいってる証拠。

様子に気付かず母を一人で寝せていたらなど思うと症状が悪化したときに一人で救急車を呼べる状態ではおよそなかったためゾッとします。

こんな症状がでたら必ず誰かに言うなり連絡するなりすること、重い症状のときはこれから必ず近くに誰かが見ていることなど決めるべきだなと思いました。

命はお金に変えられない

早く病院いくべき!といいつつ入院中気になったのはその金額。

あまり裕福ではないためとりあえず無事を確認するまで気にしないと思っていたけれどICUとかべらぼうに入院費高そう。。とか病院から請求がくるまでちょっとヒヤヒヤしてました。

母は入院保険などに入っていなかったけど健康保険で年齢により2割負担。病院によって違うかと思いますが今回はICUに2泊の入院で3万程度でした。

内心ホッ…。

受診よりは高くつきますが命に関わると思えばもう全然安いものです。

症状が重いときはタクシーだと無理に動かすのも更に血圧が上がったりと負担になったり病院への受け容れ連絡も時間をとります。

本当に危ないと思ったら迷わず救急車がいいと経験から思いました。

それよりもいいのはいつもと違うと感じたら歩けるうちに早めに病院に行くことですね。

 

あとは生活習慣も。。(実を言うと前日にあんこ餅をけっこう食べてしまったと後から決まり悪そうに母から聞きました←おいッッ!)

 

母には長生きして欲しいのが子供の気持ちです。

 

 

スポンサーリンク

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です