トイレの自動洗浄の早さについていけない人集合

photo-1417551471850-924c48abad50

今回はトイレの自動洗浄が早くて間に合わないという深刻な問題について。

どうも!遊びのない人生なんで人生じゃない!わん吉です!

いや、今回の記事なんですがこんなこと記事にするべきなのかどうなのか自分なりにかなーり悩みましたよ。

そもそも下ネタあんまり好きじゃないですし、自分。多分。おそらく。メイビー。

でもね、用を足す度に「こんなことで悩んでるのは自分だけなのか!」

「要領か!私の要領が悪いというのか!!」と悩み苦しむのもなんなんでいっそもう記事にして聞いてしまおう。

みんなもそうなのか、それともこの悩みと戦ってるのは私だけでみんなはなんらかのテクニックでこの問題を回避してるのか、そうならば私にそのテクニックを教えてくださいお願いします。

そんなわけではじまりはじまり。

そこじゃないタイミングで流れる自動洗浄

いまとなってはもうどこのお店でもショッピングモールでも主流となった自動洗浄。

昔は手動でボタンとかひねるとことかあってそこを押すことで流れてたんですが今はセンサーで便器から離れると勝手に流れますよね。

もう初めて体験したときなんて覚えてないですが、便利感はあります。

 

だがしかし!!

 

お!ちょッッ待てよ!!ってタイミングで流れちゃいません??

言うなればちょっと中腰になって拭いてる最中。

ベストなタイミングだと用を足して身だしなみを整えてるあたりで流れてくれるとさすが!ってなるんですが、だいたい待て待て待てーい!みたいなタイミングで流れるから焦る。

汚い話で申し訳ないのですが拭いてる最中で流れるともう一回流すなんてもったいないから反応してしまった!と思ったタイミングで急いで振りかぶって投げ込む!みたいな。毎回私と自動洗浄の一騎打ちですよ。

反応しないように頑張る

いや、自分で解決できるならもうしてるんですよ。

きっと同じようにどうしたものかと思ってる人はいるはずだとグーグル先生に聞いてみたらやっぱりいたんですね!

あの早さに間に合わないって方が!

でも周りの人の意見だと立って離れちゃうのがいけないんだとかそんな流れるとかないとか。

いやいやいや!そんなのまず考えてますよ!

だからなるべくかなり空気椅子レベルの中腰で背中も極力前に倒さないようにして私はまだここにいますよアピールをしながら拭く。

しかしそんな私を嘲笑うかのようにピッって反応するからなんでやねん!ってなる。

なぜ流れてほしいときに流れない

それなのにですよ!

もう流していいよってときに流れないときもないですか??

用を足してドアの前で「もう行くよ?」みたいに手を差しかけてても流れてくれない。

目でチラッと振り返り数秒立ちすくむあの静寂。

いまでしょ!!

嘆いてもしょうがないですからね!センサー前に行って動きますよ!

自動点灯、お前もか!

さらにさらに最近はトイレ内の電気も人に反応してつくタイプも増えてきましたよね。

でもコレ、お腹壊してたり用事が重なってトイレ内でちょっと着替えなきゃって時間くってるときに消えますよね。。

なんというかトイレのあの個室で一人座ってるときに電気が消えるあの孤独感。

味わった人にはわかるかと思います。。

なんとか電気をつけようと一人エグザイルで身体を回すも反応しない。

人が来て欲しいけどなんか状況わかられると恥ずかしいから来て欲しくないようなこの矛盾。葛藤。ちょっとした事件ですよほんともう。

というわけで改善求む。

少し調べたらやっぱりお尻の少し上らへん腰のあたりに自動洗浄のセンサーがあって前にかがんじゃうと流れちゃうことが多いんだとか。

そんなに気にすることじゃないんだけど、やっぱり流す必要のない水が流れると水がもったいないとか、微妙に待つ時間も増えるから時間がもったいないという気になりますよね。

自分的に便座の横に手をかざして流れるタイプが一番便利。

こういうことってあんまり人に話せないから声が反映されないんじゃないかなぁと思ったり。

というわけで私という一個人の感想として自動洗浄ちょっと改善求む!的な記事でした。

 

おしまいッ

 

 

 

 

投稿者: わん吉

楽しさと遊び心を大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です